Monday, December 3, 2012

マルコフ行列の中の著者達: どの著者がもっとも人々に影響を与えたのか? (9)

今回は Alice に登場してもらおう.(Alice に登場してもらおうというのは,前回説明したように,私が勝手に決めたことの例) 
図 8 (a) はAlice の点を示し,また辺がないので Alice はAlice 自身を好きではない.図 8 (b) では Alice は Aliceへの辺があるので,Alice はAlice を好きである.
Figure 8: Graphs representing relationships between Alice and herself.
Alice 一人の場合,Alice が自分を好きではない場合(図 8 (a))の隣接行列は次のようになる.
\begin{eqnarray*} \begin{array}{cc} & \mbox{Alice}\\ \mbox{Alice} & \left[ \begin{array}{c} 0\\ \end{array} \right] \\ \end{array} \end{eqnarray*} Alice が自分を好きな場合(図 8 (b)) の隣接行列は次のようになる.
\begin{eqnarray*} \begin{array}{cc} & \mbox{Alice}\\ \mbox{Alice} & \left[ \begin{array}{cc} 1 \\ \end{array} \right] \\ \end{array} \end{eqnarray*}
今回は Alice 一人しか登場しないので,関係と言っても簡単だった.次回はもう少し現実味のある関係の話をしよう.

No comments:

Post a Comment